せめて少しだけ幸せになりたい

クソでもブスでも世界を変えたい

2017年7月29日開催 二人だからできること+ 昼の部

東京都杉並区勤労福祉会館にて行われた三浦祥朗さん・菅沼久義さん主催のイベント「二人だからできること」に、白井悠介さんをゲストとして迎えた今回のイベントの昼の部のレポート兼感想ブログです。

 

・朗読劇

冒頭で世にも奇妙なBGMとモノローグ→幕が上がるとボウリングのピンに転生したという設定の下ボウリングのピンになっている推し

 

 

その後のトークパートで三浦さんに出オチと言われていました

 

・ゲームコーナー

提示された人数に近くなるような条件を出し、条件に当てはまったお客さんに立っていただきその人数が近い方が勝ちというコーナー(勝っても特に景品などは無い)

三浦さん・菅沼さんVS白井さん

白井さんが勝ちました

 

共通のお題を設けてそのお題に沿っているお客さんを予想し、壇上に連れてくるというコーナー

菅沼さん、"今年の夏、海に行った人"というお題で白井さんのマネージャーさんを連れてくる(しかしお題には沿っていなかったマネージャーさん)

 

・クイズコーナー

確か長野県にまつわるクイズだったような……

クイズに正解するとプレゼント抽選で当たる人が増えるって感じだったかと

 

・プレゼント抽選

プレゼントの内訳はボールペン・マニキュア・フォトフレーム(白井さんが実家から送ってもらった)とサイン色紙

サイン色紙はその場で書くんですがゴーストという手法で書く

抽選で当たったお客さんが椅子に座り、色紙とペンを持つ→演者が後ろからゴーストの有名なワンシーンよろしく抱きしめ、お客さんの手を持ってサインを書く

三浦さん「白井くんも自分のイベントでやりなよ」

と言っていたので今後しらいむの部屋であるかも?