せめて少しだけ幸せになりたい

クソでもブスでも世界を変えたい

磔(はやにえ)第3巻 -やさしい躾と悪魔の福音書-

何から書いたらいいやら……とにかく聞いた後にここまで頭が痛くなる作品は初めてです。

例によってネタバレ部分が過多なのでそれでも構わないという方だけ読んでいただければ幸いです。

 

愛するために生まれ変わりたい――

月になりたいと願うお前がオレを創り出したのか。
いや違う。
なぜなら、浄化と言われる牢獄に閉じこめられたのはお前と出会う前だったのだから。


「元始、女性は太陽であった」
ヤツのお前に対する態度にオレは憤る。
月になりたいと気づいていながら、太陽であることを強要するアイツに憤る。
だが、最初にお前に出会ったのはヤツで、オレはそれを尊重するしか術がなかった。

ある夜、ヤツが決して見ることができない場所に証(しるし)を施すことを思いついた。
いいアイデアだと思った。お前もそれを受け容れた。
すぐに、実行できなかったのは、お前を幸せにできるのは自分だという確信がなかったからかもしれない。
しかし、考えれば考えるほど、二人の将来のことしか思い浮かばなくなってしまう。
やがて、躊躇いは風に流され月明かりが未来を照らしはじめる。

それが、全ての始まり。そして、物語の終わり。         (公式HPより引用)

 

 もう真尾浩一という男はなんなんでしょう……。

一個人の見解として、真尾浩一も景も悪くないと思います。

景は浩一を羨み憎んでいますが、それも彼女を愛しているからこその嫉妬で、浩一は幼い頃からの抑圧に逆らえないだけで何も悪いことをしている訳じゃない……だからこそ景は、余計に苦しんでしまったのでしょうか。

 景と過ごす最後の夜、切ない声で心情を吐露するシーンでは黒井勇さんの演技も相まって、心が痛くなりました。

 

 

愛する人を求め、全てをかけて愛した結末がこんな悲しいものになってしまうなんて、やりきれない気持ちになります。

 

 

特典はステラワース限定特典の『twilight編』。

夕方でも景と過ごせているので、景が主人格となった場合のifストーリーなのでしょうか。

子猫を構い倒す景がとにかくかわいい。かわいいのに抱くときは荒っぽくて、でも優しさはあって、これは好きになってしまっても仕方ないですよ……。

15分と短いのが残念でしたが、本編ではあまり無かった二人の甘い時間が新鮮で、良かったです。

 

ただ、本編でどうしても気になった部分が一つ。

本当に少しだけなのですが、BGMが入るところがありました。そこがお話に水を差すようで、あまり好ましくないと感じます。

ところどころのSEは良いのに、どうしてもBGMだけが引っかかってしまいました。

シナリオも、お芝居も良かっただけに残念に思います。

 

 色々と書ききれない部分があるので、また考察という形で書き残しておきたいと思います。

たまには後味の悪い作品も良いですね。